沖縄で取る短期資格!ヨガインストラクター、心理カウンセラーを目指す方へ。
ヨガシャクティNLP養成スクールタレントのMEGUMIさんの専属講師が心を込めて指導する日本で初めて心ケアを取り入れた3日間で夢か叶うヨガインストラクター養成講座。

【開催会場】 ヨガシャクティNLPスクール 沖縄スタジオ
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-38 アメリカンマンション9 401号室

ヨガインストラクターのための解剖学

排便のメカニズムを理解するためには、まず、便はどのように作られるのかを知る必要があります。
毎日違うものを食べているにもかかわらず、出てくるものは似通ったものが出てきますが、これは何故でしょう?
それは胃腸における消化と吸収のはたらきに関わっています。

消化管の種類と長さQ. 食べ物は通常何時間かけて便として排泄されるでしょうか?


口から摂取された食べ物は、まず口の中で噛み砕かれて小さな塊になり、食道をすとんと落ちた後、袋の形をした胃の中に一旦とどまります。


胃は消化器官の中で唯一食べ物を貯留する『ダム』の役割を果たし、その蠕動(ぜんどう)運動の働き(大腸に溜まった便を肛門まで押し出す運動の事のこと)によって胃液とよくかき混ぜられた食べ物は消化吸収されやすいドロドロ状に溶かされます。
その後十二指腸を通って小腸へ入ります。

小腸
小腸の内壁にある繊毛と呼ばれる小さな突起のサイボウマクから分泌される消化酵素によって食べ物はさらに分解され、大部分の栄養素が小腸を通過中に血液中へ吸収されていきます。

肝臓
肝臓で成形された嘆じるは、十二指腸に排出されて脂肪に作用したと、小腸で吸収されて再び肝臓に戻ります。
小腸で再吸収されなかた嘆じるは、大腸内へと進んでいき、悪玉菌によって分解されます。
その際、有毒な二次胆汁酸が発生し、それを大腸が吸収してしまいます。
このような、小腸・大腸・肝臓において行われる循環を腸肝循環といい、中でも二次胆汁酸の腸胆循環が肝臓を疲弊させます。

大腸
大腸の働きは、小腸から送られた末消化物を直腸・肛門へと進めていく過程において、徐々に水分を吸収しながら固形化して便を形成することです。
口から入った食べ物が、便として排泄されるまでは通常24~72時間かかります。